ニュース・メディア掲載

AIでソフトウェアテストを自動化する「Magic Pod」のTRIDENT、5,000万円の資金調達を実施

AI(人工知能)技術を活用してソフトウェアテストを自動化するクラウドサービス「Magic Pod」を運営する株式会社TRIDENT(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤望)は、インキュベイトファンド(本社:東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介)、株式会社ベリサーブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新堀義之)を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約5,000万円の資金調達を完了しましたのでお知らせします。



今回の調達資金をもとに「Magic Pod」のさらなる改善を進め、より多くのユーザーにより優れたサービスを提供できるよう努めてまいります。


さらに第三者検証による品質向上サービスを提供する株式会社ベリサーブと協業し、Magic Podを使ったテストシナリオ設計・自動化スクリプト実装から環境構築・運用までを一気通貫で受託するサービス「テスト自動化おまかせプラン」(https://magic-pod.com/script-service/)を提供いたします。サービスを提供する現場とMagic Podの開発エンジニアが連携し、実装や運用の過程で出たフィードバックを素早く製品に反映していくことで、ツールベンダーと第三者検証を行う会社の分業では難しかった、より柔軟で顧客満足度の高いソリューションを提供することが可能になります。