ニュース・メディア掲載

面倒なソフトウエアテストはAIに任せる、自動化の現実味 (日経XTECH)


 人工知能(AI)にソフトウエアテストの面倒な作業を任せる――。そうした取り組みが始まっている。スタートアップ企業のTRIDENTはAIを活用してスマートフォンアプリの機能テストを自動化するクラウドサービス「Magic Pod」を提供中だ。ベータ版を2017年7月に公開して、ソフトウエアテスト専業ベンチャーのテスター・ラボなど50社以上で採用されているという。正式版の提供は2018年内を計画している。

 Magic Podが効率化するのは、テストを自動化するテストスクリプトの作成と保守だ。「従来はテストスクリプトをプログラムとして記述する必要があった。プログラミングスキルがないと作成や保守が難しかった」(TRIDENTの伊藤 望社長)。フォームやボタンの名称はプログラミング用の名前が用いられるし、クリックや入力といった操作はメソッドと引数、パラメーター指定といった具合で書く。

 Magic Podはプログラミングではなく、マウス操作でテスト自動化のテストスクリプトを作成できるのが特徴だ。次の3ステップでテストスクリプトを作成できる。

 STEP1ではスマートフォンのアプリ画面をキャプチャーして、MagicPodのクラウドに画像を取り込む。自動的にAIを利用した画像解析が行われ、画面内のボタンや入力フォーム、アイコン、文字列を識別して自動抽出する。さらにAIによる文字認識も実行して、ボタンや入力フォームに対してテストスクリプトで使う名称を自動付与する。名称は後から自由に編集できる。